ベテラントレーダーに学ぶFX初心者が意識するべき心得

FX初心者が注意するべきポイント

FX初心者が注意するポイントとは、まず、FXには勝つことがあれば、負けることもあるということをよく理解しておくことです。
FXのベテラントレーダーでも読み違いにより、FX取引に負けることもあるのです。
それでは、初心者とベテラントレーダーの違いはどういうことでしょうか。

ベテラントレーダーと初心者の違い

それは、ベテラントレーダーは負けを潔く認め、損失をできるだけ最小限に抑えようとするのです。
一方で、初心者は、いつかまた、損失を取り戻せると考えて、いつまでも決済を引き伸ばし、取引を続けてしまうのです。
そうすることで、どんどん損失が増えていくのです。
また、為替の動きにはわかりやすい局面と、全く見当がつかない局面が存在しています。
ベテラントレーダーは、見当がつかない局面のときには、取引を行いません。
しかし、初心者は常に取引をしてしまう傾向があります。
そうしないと不安なのです。
こうすることで、みすみす取引に負けてしまうのです。

投資は引き際がポイントと心すべし

要するに、FX取引ではいかに負けの金額を抑えるかで勝敗が決まってしまうのです。
局面の見極めは、一朝一夕にできるものではありません。
また、取引の回数を増やして経験を積むだけでも見極めをすることは難しいのです。
やはり、数多くのセミナーに参加したり、勉強をすることで得られるものなのです。
FX初心者はできるだけレバレッジを使わずに、取引を行うことをおススメします。
そうすることで、ロスカットのリスクが減りますし、精神的にも落ち着いて取引ができるのです。
できれば、レバレッジを全く使わずに、外貨預金としてFX取引を行うと良いでしょう。
そうすることで、スワップ金利を得ることができますし、ロスカットに遭うことはないのです。