FXとは海外の通貨を売り買いすること

初心者のための[FX]の基礎知識

近年、FXが投資対象として注目を浴びています。
ここでは、「FX初心者」の方向けに「FXの基礎知識」をお伝えします。
まず、「FX」とはなんでしょうか。
FXとは外国為替証拠金取引のことで、つまり外国為替市場において投資を行うことです。
株式であれば、興味ある会社の「株式を買う」ことになりますが、FXの場合は市場が為替市場です。
FXでは、「ある通貨を売り、別の通貨を買う」ことをします。

ドルや円の売り買いで利益を出すのと基本は同じ

これだけでは分かりずらいので、具体例を元に説明します。
日本人に最も有名な為替は「ドル・円」です。
これは、アメリカドルと日本円の為替取引をするときに対象となるものです。
ドル・円を売買するときには、「日本円を売って、アメリカドルを買う」ことで取引が成立します。
この状態では、あなたの日本円の残高が減り、それに相当するアメリカドルの残高が増えています。
株式で例えると株を買った状態です。

FXは通貨の売り買いで利益を得る

では、この後、どうすれば利益が確定できるのでしょうか。
FXでは、二種類の利益が狙えます。
一つは「スワップポイント」と呼ばれる利息収入があります。
銀行預金でも利息が付くのと同じように、FXでもそれに相当するものが「スワップポイント」です。
もう一つは「為替差益」です。
これは、為替レートが変動することに伴い発生するものです。
先ほどのように「日本円売り・アメリカドル買い」をした場合、円安・ドル高が進行すると利益が出ます。
一方、円高・ドル安が進むと損失が出ます。
FXは、「スワップポイント」と「為替差益」を狙う投資法です。
日々の経済ニュースには、為替レートに影響を与えるものが多々あります。
それらに注目しながら為替市場での投資を行うことで、あなたもFX投資家になることができるのです。