FX為替トレードで大事な3つのこと

FX為替トレーディング3つの心得

これからFX為替トレードをはじめてみようと考えてる方、または始めたばかりの初心者の方に、FXトレードを続けていく上で大事な3つのことを書きたいと思います。

【1】資金管理をしっかりと

まず一つ目は「資金管理」です。
資金管理ができないと、長く安定して利益を出すことは出来ません。
資金管理は。
トレードをする上で一番大事だといっても過言ではありません。
それぐらい大事な要素です。
「資金管理」には売買ルールも絡んでくるため、それ単体で考えることは出来ません。
売買ルールにもとづいた、資金管理を計画する必要があります。
その際に、限りなく破産確率が0に近づくような資金管理を計画します。
10回のトレード機会で破産するような資金計画ではなく、100回のトレード機会が得られる資金管理の方が、より多くの利益を得られるチャンスがある分、優れているのは明白です。
自分のトレード手法にも照らし合わせながら、上手な資金管理をしましょう。

【2】売買ルールを決めよう

二つ目は「売買ルール」です。
「売買ルール」とは、いわゆる取引手法や利益確定・損切りのルール、ポジションサイジングなどのことです。
この中で、皆さんが一番取り組んでいるのが取引手法ではないでしょうか。
取引手法を決める際には、なるべくシンプルにすることを心がけると良いと思います。
いくつものテクニカルやシグナルを絡めた手法ではなく、2?3個の条件が整えばトレードをするというようなシンプルな手法のほうが良いと思います。
また、取引手法のアイディアを思いついたら、徹底的にバックテストやフォワードテストを行なってください。
取引手法が決まれば、利益・損切りルールも決まりますし、自己資金と照らし合わせて一回のトレードで使える資金を決めることが出来ます。
このようにして「売買ルール」を決めていきます。

【3】メンタルは平常心をキープ

そして最後が「メンタル」です。
今までの2つのことをしっかり守ってトレード出来るかどうかは、この「メンタル」にかかってきます。
そのため、よく「メンタル」が一番大事だという人もいますが、私はこれら3つの要素のバランスが大事だと思っています。
なぜなら、どんなにメンタルが強くても「売買ルール」が悪ければトレードで勝つことは出来ません。
逆も然りです。
このようにFX為替トレードで、安定した利益を得るためにはこの3つのことをバランス良く高めていくことが必要です。
「資金管理」と「売買ルール」をしっかり計画し経験を積むことが必要です。